神田材栄からのお知らせやニュースなどを紹介します。

神田材栄NEWS

全6件 前の3件

  • 『すっぴんの家』キャンペーン

    2009年02月15日 『すっぴんの家』のキャンペーンを考えています。

    完成現場見学会にお貸し頂ける事を条件に特別価格での御提供と
    実際の家(プレカット会社の社長の家)を浜松まで見に行くバス見学会等
    これから考えますので、詳しく決まりましたら。ご案内します。
    少しお待ちください。

    『すっぴんの家』とは、弊社のオリジナル住宅です。

    柱と柱の間に、厚い杉の板と高性能断熱材を挟み込むことにより、
    構造の強さと、快適性を両立した工法です。

    柱と柱の間に、厚板を挟みこむ工法は、伝統工法では、さくりはめ構造といい、
    永年の自然現象に耐えて現存する、高強度の工法です。

    また、柱と柱の間に挟みこんだ、杉の厚板を、内部の仕上げとすることで、
    木の持つ、素晴らしい特性を生かす事ができます。

    まず、木はそれ自体が断熱材の役割を果たします。さらに外側に高性能断熱材を
    挟み込むことにより、夏の暑さ、冬の寒さを遮断し、快適な住空間を生みます。

    また、木は優れた調湿効果があり、夏の不愉快さの大きな原因である、
    湿気を調整し、快適な状態にします。

    壁や天井を杉の板で仕上げる事により、家に居ながらにして、森林浴気分が味わえるのです。


    この素晴らしい家を是非皆様に知っていただきたい。

    でも、無駄なコストをかけたくないので、展示場も作れません。

    是非、浜松までお越しください。
    きっとお気に召すと思います。


  • 200年住宅

    2009年01月09日 最近 『200年住宅』 『超長期住宅』という言葉が、かまびすしいですね。

    国土交通省が進めるこの制度の趣旨は、先進国の中でも、住宅の寿命が極端に
    短い日本の現状をなんとか、改善しようということです。

    この制度は、国が強力に勧めるだけあり、住宅を建てる方にとって、
    多くのメリットがあります。
    主なものをあげますと

    @国が住宅の性能に厳しい基準を設け、その基準を達成していないと、
     認定されない。
    A最大で200万円の補助がでる。
    B所得減税が最大で600万円。
    C所得税だけでは、減税額をカバーできない場合は、住民税の減税もある。
    D今年から始まる瑕疵担保制度保険の保険料が割安になる。
    E不動産取得税控除の金額が割り増しになる。
    F固定資産税の軽減期間が延長になる。
    Gフラット35の融資返済期間が50年になる。
    H融資の貸出金利が優遇される。

    などなど、確定していないところもありますが、本当にメリットが多いと思います。


    今後、詳しい情報があればお知らせします。

    先日、勉強会に参加させていただいたネットワークでは、『200年住宅』への対応を
    着々と進めているそうです。

    どこの建築会社でも対応できる制度ではありません。、ご希望される方がいらっしゃれば、
    申請したいと思っております。

  • 木造住宅の耐久性 マメ知識

    2008年08月19日 工業製品はできたときが100%の強度で、時間の経過と共に強度は落ちて行きますが、木は伐採後ゆるやかに2〜3割強度が増して行き、伐採時の樹齢の2〜3倍の時間の経過後、伐採時の強度に戻ります。
    特に檜はそのスパンが恐ろしく永く、1,000年単位のスパンです。法隆寺の五重塔は、1,300年たった今、伐採時の強度と同等になっていることが、実験によりわかっています。

HOMEへ戻る

  • 家づくりへのこだわり
  • 木の家
  • 木造住宅の工法
  • 神田材栄の夢
  • お客様のお声
  • よくあるご質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • 神田材栄NEWS
  • 木になる話

神田材栄

住所:〒526-0044
滋賀県長浜市下坂中町228
電話番号:0749-63-3311
FAX番号:0749-63-3331
営業時間:8:00〜18:00

携帯電話からもアクセスできます!

二次元コード

お手持ちの携帯で二次元コードを読み取と、簡単に携帯用サイトを閲覧していただくことができます。

HOMEへ戻る HOME 会社案内 サイトマップ